奈良県保険医協会

メニュー

ご参加ください―第57回定期総会・記念講演(ウェビナー、12月11日予定)

 奈良県保険医協会は12月11日(日)、第57回定期総会を開催します。
 記念講演は会員以外の方も参加できます。

日本文化に影響を与えた大和の総鎮守「春日若宮」について

講師: 花山院 弘匡 氏(春日大社 宮司)
日時: 2022年12月11日(日) 16:00~17:40
場所: ホテル日航奈良 5F・天空、およびZoomウェビナー
    JR奈良駅西口すぐ(奈良市三条本町8-1)

講師より…
 とてもめでたい春日若宮の20年に1度の御造替が10月28日に行われました。春日若宮は奈良の御社ですが、その成り立ちは朝廷の人々の強い思いで御創建された歴史を持っています。大和の総鎮守であり、例祭の春日若宮おん祭は大和一国の大祭であります。現在、若宮は春日大社の摂社でありますが、日本文化の歴史に幾つも多大な影響を与えた特別な神社であるとのお話をさせて頂きたいと思います。

講師ご紹介【花山院 弘匡(かさんのいん・ひろただ)氏】
 1962(昭和37)年9月7日、佐賀県生まれ、奈良で育つ。國學院大學文学部神道学科卒業。藤原道長の曾孫、左大臣 藤原(花山院)家忠を祖とする花山院家第33代目当主。花山院家は太政大臣にも就く清華家、明治の東京遷都とともに侯爵となり、祖父は貴族院議員、父は第9代春日大社宮司。県立奈良高等学校などの教員を経て、2008(平成20)年より第11代春日大社宮司を務める。他に南都楽所会長、奈良の鹿愛護会名誉会長、奈良県教育委員、帝塚山大学特任教授、今日庵評議員、奈良国立博物館評議員、香雪美術館評議員、國學院大學評議員など。著書に「春日大社のすべて(中央公論社)」等多数。

◎ ご参加には事前にお申し込みが必要です。
 ウェビナー= 下記から事前に登録してください。当日まで受付可能です。
参加登録ページ
 会場でのご参加= 当会会員およびその関係者(家族・医療機関従事者)に限ります。多数の場合はお断りすることがあります。総会通知(往復ハガキ)の返信ハガキ、または電話・ファクス・メールなどで協会事務局へお申し込みください。申込期限12月8日(木)

講演案内チラシ

 ご参加をお待ちしております。

協会のとりくみ

さらに過去の記事を表示