奈良県保険医協会

メニュー

会員イベント

 会員だけに限らず、会外からご参加いただけるものもあります。
 このページでご案内している催し物へのご参加にあたっては、予め、当会事務局へお申し込みをお願いします。お問い合わせも事務局で承ります。
 上記にかかわらず、各イベントの案内欄に、問い合わせ先や申し込み先を明示している場合は、当会事務局ではなく、そちらへお問い合わせ・お申し込みなどをお願いいたします。

更新日: 2022年1月19日

[神奈川協会]新年文化講演会「コロナと医療崩壊―人災としてのパンデミックから何を学ぶか」(1月20日)
歯科・社保研究会(1月27日)
[千葉協会]歯科学術研究会「磁性アタッチメント義歯の臨床応用」(2月3日)
[大阪協会]講演「資本主義の限界と脱成長社会~目指すべき経済・社会のあり方」(2月5日)
[宮城協会]研究会「新型コロナワクチンの効果、有効性、副反応」(2月7日)
[宮城協会]歯科学術研究会「命を支える口腔ケア:口腔ケアの必要性と最新の手技」(2月18日)
医科・日常診療懇話会(2月24日)
[熊本協会]講演「ピルの仕組みと応用~OC・LEPを正しく理解するために」(2月24日)
[宮城協会]公開講演会「今、福島から・分断と対立を乗り越えて」(2月27日)
[京都協会]医療安全講習会「医療業界に対するサイバー攻撃の現状と、望まれる対策」(3月12日)
歯科・新点数検討会(3月24日)
医科・新点数検討会(3月26日)


神奈川県保険医協会:新年文化講演会
コロナと医療崩壊―人災としてのパンデミックから何を学ぶか

日時 2022年1月20日(木)
18:30~20:00
会場 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ+WEB
内容等 新年文化講演会
コロナと医療崩壊―人災としてのパンデミックから何を学ぶか

(概要)
 新型コロナ死者数は東アジアで最多だったのに、欧米より少ないとオリ・パラは強行、自宅療養による死亡者が多発する事態となった。20年近く医師の絶対数不足による医療崩壊の危険性を訴えてきたが、メディアが報じない医療体制の問題を検証し、再生の処方せんを考えたい。
講師 本田 宏氏
(特定非営利活動法人 医療制度研究会・副理事長)
対象 保険医協会会員および会員医療機関のスタッフ、会員家族
参加費 無料
申込  奈良県保険医協会関係者はweb参加のみ可です。こちらから登録してください。
申込ページ
主催 神奈川県保険医協会
問合先 神奈川県保険医協会
Tel.045-313-2111
担当:総務部

▲このページの先頭に戻る


歯科・社保研究会

日時 2022年1月27日(木)
14:30~16:30(開場14:00)
会場 WEBで接続の任意の各所(+保険医協会・3F・会議室)
リモート参加(Web経由の参加)を原則とします。Web経由での参加には「Zoom ミーティング」を使用します。
◎現地会場での参加はweb参加困難な方向けで4人までに限り受入可。会場の制約により、超過の場合はお断りします。何卒ご容赦ください。
内容 (1)保険点数Q&A~最近の問い合わせから
(2)2022年診療報酬改定について
(3)その他

 社保研究会は、歯科保険診療についての学習会・情報交換会として開催しています。日頃の疑問など自由な意見交換ができます。
 社保研究会は、おおむね隔月で開催し、保険診療のルール、保険請求事務の取り扱いをおもなテーマとしつつ、幅広い話題を取り上げています。
 どうぞ気軽にご参加ください。
対象 歯科会員/スタッフも参加可
※ スタッフがご参加の場合は、氏名と職種をお知らせください。
参加費 無料
持参 保団連発行・冊子『歯科保険診療の研究』(2020年4月版)
→参考資料とします。
申込 ○ ご参加には、必ず予めお申し込みください。
○ お申し込みにあたっては{会員氏名、医療機関名、参加者氏名(スタッフの場合は職種も)、連絡先メールアドレス、協会会場での参加希望の場合はその旨}をお知らせください。eメールでのお申し込みはこちら(nara-hok@doc-net.or.jp)へ 。
○ 申込期限=1月24日(月)15時。準備の都合上、締切厳守でお願いします。
○ web参加での接続方法などは、お申し込み受付後に委細をメールでご案内します。
その他 ○ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、リモート(web)でのご参加をお願いしております。
○ web参加が困難な会員を対象に、若干名の協会会場での参加も受け入れます。協会会場でのご参加は、会員本人に限り先着4名までとします。ご了承ください。協会会場でのご参加に際しては、マスク着用、感染拡大状況によっては開催を取りやめる場合があることを予めご了承ください。当日、体調不良の場合は参加をご遠慮ください。
主催 奈良県保険医協会

▲このページの先頭に戻る


千葉県保険医協会
歯科学術研究会「磁性アタッチメント義歯の臨床応用」

日時 2022年2月3日(木)
19:00~
会場 千葉県保険医協会・会議室およびweb
内容等 磁性アタッチメント義歯の臨床応用
講師 鱒見 進一 氏 (九州歯科大学口腔機能学講座口腔欠損再構築学分野 教授)

講師からのメッセージ:
 磁性アタッチメントの基本構造は、磁石構造体(磁石)とキーパー(磁性ステンレス)から構成される。今回、臨床応用の歴史、磁性アタッチメントの開発、保険収載、臨床での注意点、ダイレクトボンディング法、生じうるトラブルとMR対策、臨床応用などについてお話させていただく。
対象 保険医協会会員の歯科医師
定員 会場15名、web100名
参加費 無料
申込 こちらから登録してください。
申込ページ
主催 千葉県保険医協会
問合先 千葉県保険医協会
担当事務局・堀田氏
Tel.043-248-1617

▲このページの先頭に戻る


大阪府保険医協会:評議員会記念講演
資本主義の限界と脱成長社会

日時 2022年2月5日(土)
16:30~18:00
方法 Zoomウェビナー
内容等 講演「資本主義の限界と脱成長社会~目指すべき経済・社会のあり方」

(企画趣旨)
 コロナ禍の中、多くの主要国で経済政策の土台となってきた新自由主義的政策が転換を迫られています。
 日本でも、先日のCOP26で大きく注目され、全世界で取り組むべき 気候変動問題や各国で取り組まれている脱炭素社会の実現にも対処しなければならない中で、脱成長社会を目指すべきフェーズに来ているとの声も多くあります。
 今後の日本の経済・社会はどうあるべきか、各界で注目される講師が語ります。
講師 斎藤 幸平 氏
(大阪市立大学大学院経済学研究科 准教授)

講師紹介:
 1987年広島県生まれ。著書『人新世の「資本論」』(集英社新書)は、「新書大賞2021」に輝き、経済書としては異例のベストセラーに。ベルリン・フンボルト大学哲学科博士課程修了。『大洪水の前に』(堀之内出版)で、権威ある「ドイッチャー記念賞」を日本人初歴代最年少で受賞。専門は経済思想、社会思想。
対象 保険医協会会員およびその関係者
参加費 無料
申込  不要。
 大阪府保険医協会の評議員会終了後(16:20頃)に、記念講演への参加が可能になります。時間になれば直接参加できます。開催時刻に下記のリンクから入室してください。
 ★入室の際に、所属協会とフルネームの入力が必要です。
ウェビナーへ接続
※評議員会が延長し講演会の開始が遅れる場合があります。予めご了承ください。
主催 大阪府保険医協会
問合先 大阪府保険医協会
Tel.06-6568-7721
担当:一谷氏、髙田氏

▲このページの先頭に戻る


宮城県保険医協会:研究会
新型コロナワクチンの効果、有効性、副反応

日時 2022年2月7日(月)
19:00~21:00(予定)
方法 Zoomウェビナー
内容等 講演「新型コロナワクチンの効果、有効性、副反応―今後の方策は?」

(講師より)
 今回の新型コロナウイルスに対するmRNAワクチンがあたかも彗星のごとくに現れたようにみえるが、実は、その開発には10年以上の年月がかかっている。ここでは、現在使われているCOVID-19ワクチンの有効性に焦点を当て、どうして高い有効性が得られているのか、その背景について説明するとともに、ワクチンの副反応についても触れる。さらに、果たして今のワクチンで今後マスクは不要になるのか、なるとすればそれはいつ頃か、そして、今のワクチンにさらにどのような改良が可能か、など、今後の必要な方策を含め、お話する。
講師 宮坂 昌之氏 氏
(大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授)
対象 保険医協会会員、医療関係者
参加費 無料
申込  こちらから登録してください。
 →申込ページ
※締切=2月3日(木)
主催 宮城県保険医協会

▲このページの先頭に戻る


宮城県保険医協会:歯科学術研究会
命を支える口腔ケア:口腔ケアの必要性と最新の手技

日時 2022年2月18日(金)
19:00~20:40(予定)
方法 Zoomウェビナー
内容等 テーマ「命を支える口腔ケア:口腔ケアの必要性と最新の手技―口腔ケア時の誤嚥予防を考慮した『水を使わない口腔ケア』」

(企画趣旨)
 今回の歯科学術研究会は、国立長寿医療研究センター・歯科口腔先進医療開発センター・センター長の角保徳教授を講師として、水を使わない口腔ケアについて講演頂きます。介護のための短時間口腔ケアシステムや、超高齢社会で求められる全身と口腔への視点・知識 についてお話し頂きます。
講師 角 保徳氏 氏
(国立長寿医療研究センター歯科口腔先進医療開発センター・センター長)

(講師より)
 口腔ケアが要介護高齢者の誤嚥性肺炎を予防できることが報告されている一方で、洗浄水を用いた口腔ケアを行うと、細菌を含んだ液体を誤嚥してしまい、医原性の誤嚥性肺炎を引き起こす危険性も指摘されています。われわれが開発した『水を使わない口腔ケア』は、洗浄水の代わりに「お口を洗うジェル」で汚染物を軟化させ、「口腔ケア用吸引管」で回収することで、細菌や汚染物を素早く口腔外へ排出できる手法です。本セミナーでは、口腔ケアの必要性、『水を使わない口腔ケア』の具体的な方法や症例をご紹介致します。『水を使わない口腔ケア』は、口腔ケア手技の世界標準になる可能性を秘めており、皆様に是非知っていただきたく、普及活動を行っています。
対象 関心のある方はどなたでも
参加費 無料
申込  こちらのwebフォームに必要事項を入力して接続案内をメールで受け取ります。
 →申込ページ
※webフォームの「医療機関名または所属」の欄には、当会会員関係者は「奈良県保険医協会、○○歯科医院」「奈良県保険医協会、○○病院」などというふうに奈良県保険医協会の会員であることがわかるように入力してください。
※締切=2月15日(火)
主催 宮城県保険医協会
問合先 宮城県保険医協会
事務局 Tel.022-265-1667

▲このページの先頭に戻る


医科・日常診療懇話会

日時 2022年2月24日(木)
14:30~16:00 (14:00~接続可)
会場 Web(各所をネットで接続)
話題 ○2022年診療報酬改定について
○新型コロナウイルス感染症関連、等
対象 医科会員
参加費 無料
申込 ○締切=2月18日(金)正午
※準備の都合上、締切厳守でお願いします。
○参加者氏名(会員本人以外は職種も)と、メールアドレスをお知らせください。
○お送りしたハガキの申込書に記入してファクス送信が簡単です。
○eメールでのお申し込みはこちら(nara-hok@doc-net.or.jp)へ 。
○参加申込者には受付後に事務局よりメールでのご案内を送ります。連絡がない場合は受付ができていない可能性があります。お問い合わせください。
その他  2月の日常診療懇話会(web開催)のご案内です。
 新型コロナウイルス感染症をめぐってはオミクロン株の急拡大で第6波到来が鮮明となりましたが、この間も検査点数の引き下げやワクチン3回目接種への対応など、情報が日々更新しています。これらを改めて整理するとともに、2022年診療報酬改定に関する開催時点での最新情報をもとに交流します。
 診療の合間、どうぞお気軽にご参加ください。

○web参加の接続方法や資料などのご案内は、お申し込み受付後にメールでお知らせします。
○web接続環境がない等の理由で協会へ来所しての参加を希望される方は相談ください。
○その他詳細は申込者へ個別にご案内します。
主催 奈良県保険医協会

▲このページの先頭に戻る


熊本県保険医協会:勤務医部会企画講演会
ピルの仕組みと応用~OC・LEPを正しく理解するために

日時 2022年2月24日(木)
19:00~20:30
方法 Zoomウェビナー
内容等 講演「ピルの仕組みと応用~OC・LEPを正しく理解するために」

(企画趣旨)
 OC・LEP使用の有無を意識した診療が求められています。
 低用量経口避妊薬(oral contraceptive: OC)は自費診療が行われており、また子宮内膜症に伴う月経困難症などの治療として保険診療で低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(low dose estrogen-progestin:LEP)が結構処方されています。
 これらのピルを高血圧、喫煙、片頭痛などのある患者に投与されると静脈血栓塞栓症(VTE)あるいは心筋梗塞や脳卒中などの動脈血栓塞栓症(ATE)を増加させることが知られています。
 2021年4月にはOC・LEPガイドラインの最新版が出版され、一部抜粋すると、OC・LEPは前兆のある片頭痛は投与禁忌(A)、前兆のない片頭痛は慎重投与(B)、35歳以上で1日15本以上の喫煙者への投与は禁忌(A)、35歳以上の習慣的喫煙者への投与は原則不可(B)、35歳未満の習慣的喫煙者に対しての投与は慎重に検討(B)、高血圧、喫煙女性の服用は心筋梗塞リスクを上昇させる(B)、高血圧、片頭痛を有する女性の服用は脳卒中リスクを上昇させる(B)、禁煙すると心血管疾患のリスクが低下(C)、などが記載されています。
 どの診療科においても、日常診療でOC・LEP内服の有無を確認して診療することが求められており、この機会に本講演会を視聴いただければ幸いです。医師だけでなく看護師や薬剤師等の医療スタッフをはじめ、多くの方のご参加をお待ちしております。 (副会長/勤務医部会長 橋本 洋一郎)
講師 大場 隆 氏
(熊本大学大学院生命科学研究部産科婦人科講座 准教授)

(講師より)
 エストロゲン・プロゲストーゲン療法(EPT)は女性に対して安全に女性ホルモン(エストロゲン)を補充するための手段ですが、この方法を応用することによって信頼性の高い避妊が可能となり、さらに月経に随伴するさまざまな症状を調整できるようになりました。
 講演では経口避妊薬(OC)と低用量経口エストロゲン・プロゲストーゲン配合薬(LEP) を理解していただくためのEPTの原理と応用についてお話しします。
対象 医師および医療スタッフ(保健師、看護師、薬剤師等)
参加費 無料
申込  こちらから登録してください。
 →申込ページ
※締切=2月22日(火)。ただし、熊本県外からの申込みが一定数に達したら締め切りとなる場合あり。
その他 ○ 本講演は日医生涯教育の対象講座です。日医生涯教育講座1.5単位(CC15:臨床問題解決のプロセス)。日医会員で参加証発行を希望される方は、申込時のwebフォームの所定事項に入力してください。
○ 付帯講演「片頭痛とOC/LEP」、橋本 洋一郎 氏(熊本県保険医協会副会長、熊本市民病院首席診療部長)
主催 熊本県保険医協会
問合先 熊本県保険医協会
Tel.096-385-3330
後援 熊本県医師会

▲このページの先頭に戻る


宮城県保険医協会:公害環境対策部公開講演会
今、福島から・分断と対立を乗り越えて

日時 2022年2月27日(日)
10:00~12:00
方法 Zoomウェビナー
内容等 講演「今、福島から・分断と対立を乗り越えて」

(企画趣旨)
 東京電力福島第一原発事故の影響で、福島県民の生活・生業は一変させられました。事故から10年以上が経過した今でも、災害関連死、除染、汚染水や風評被害、賠償範囲による県民の分裂など問題が山積しています。そんな中、女川原発が再稼働されようとしています。原発事故の責任の所在を明らかにすることは重要な意義を持ちます。いわき市民訴訟原告団長の伊東氏より、福島の現状や今後引き継ぐ課題について講演頂きます。
講師 伊東 達也 氏
(原発問題住民運動全国連絡センター筆頭代表委員・いわき市民訴訟原告長)

(講師より)
 東北電力は女川原発の再稼動に前のめりになっています。その理由の核心は営業上の利益だと思います。
 しかし、それは宮城県民の安全な生活と県土の保全にとって大きな問題になるのは確実です。
 そのことを福島での歴史を振り返り、また、事故後に明らかになった取り返しのつかない問題を取り上げて、皆さんと一緒に考えたいと思っています。
対象 関心のある方はどなたでも
参加費 無料
申込  こちらから登録してください。
 →申込ページ
※締切=2月22日(火)
主催 宮城県保険医協会
問合先 宮城県保険医協会
事務局 Tel.022-265-1667

▲このページの先頭に戻る


京都府保険医協会:医療安全講習会
医療業界に対するサイバー攻撃の現状と、望まれる対策

日時 2022年3月12日(土)
14:00~16:00
方法 Zoomウェビナー
内容等 講習「医療業界に対するサイバー攻撃の現状と、望まれる対策」

(講師より)
 2021年はわが国において複数の医療機関がサイバー攻撃によりランサムウェアの被害を被り、診療停止等の事態に陥った1年でした。本講演では実際に被害を受けた病院で起こった事象と、それに対する対応、その結果として生じた事態を解説し、そこから見えてくる問題点、推奨される対策を解説します。
 また診療系のみならず、電子メール等の情報系システムやスマートフォンのアプリの利用における留意点ついても言及します。
講師 深津 博 氏
(愛知医科大学病院医療情報部部長・特任教授、一般社団法人医療ISAC代表理事)
対象 保険医協会会員および会員医療機関スタッフ
参加費 無料
申込  こちらから登録してください。
 →申込ページ
※締切=3月8日(火)。ただし、定員となり次第、締め切り。
その他 ○ 本講習会は医療法に定められた「医療安全管理のための職員研修」(無床診療所対象)に該当します。希望する参加者には本講習会終了後、登録したメールアドレス宛に参加証(PDF)の送付が受けられます。申込時に、参加証の発行を「希望する」の項目を選択して登録してください。なお、アクセス記録を確認し、遅刻・早退者には参加証の発行はされません。ご留意ください。
○ 講師の要望により、事前に参加申込者へアンケート(Googleフォーム)の協力をお願いします。アンケート結果は直接、講師が管理し、主催者(京都府保険医協会)では把握しません。アンケートで得た個人情報は本講習会以外では使用しないことを講師に確認済み。
○ ご案内はこちらのページ(京都府保険医協会)にもあります。
主催 京都府保険医協会
問合先 京都府保険医協会
事務局 Tel.075-212-8877
担当 酒井氏、田中氏

▲このページの先頭に戻る


歯科・新点数検討会

日時 2022年3月24日(木)
 (開催時刻は調整中)
会場 WEBで接続の任意の各所(+保険医協会・3F・会議室)予定
リモート参加(Web経由の参加)のみとします。「Zoom ウェビナー」を使用します。
◎現地会場での参加受入は設定しません。何卒ご容赦ください。
内容  保団連作成のテキストにもとづいて、2022年診療報酬改定の要点を解説します。
(委細は未定)
対象 歯科会員、および会員医療機関のスタッフ
※当会会員でない医療機関の方は参加できません。
参加費 無料
資料 保団連発行・冊子『歯科診療報酬2022年改定の要点と解説』(仮題)(予定)
→メインのテキスト。
その他の資料は未定。
申込 (準備中につき、お申込みの受付はまだ始めておりません)
その他  委細が決まり次第、このページを更新してご案内を掲載します。
 しばらくお待ちください。
主催 奈良県保険医協会

▲このページの先頭に戻る


医科・新点数検討会

日時 2022年3月26日(土)
 午後(開催時刻は調整中)
会場 WEBで接続の任意の各所(+保険医協会・3F・会議室)予定
リモート参加(Web経由の参加)のみとします。「Zoom ウェビナー」を使用します。
◎現地会場での参加受入は設定しません。何卒ご容赦ください。
内容  保団連作成のテキストにもとづいて、2022年診療報酬改定の要点を解説します。
 おもに診療所の外来(入院外)、在宅など。
(委細は未定)
対象 医科会員、および会員医療機関のスタッフ
※当会会員でない医療機関の方は参加できません。
参加費 無料
資料 保団連発行・冊子『点数表改定のポイント(2022年版)』(仮題)(予定)
→メインのテキスト。
その他の資料は未定。
申込 (準備中につき、お申込みの受付はまだ始めておりません)
その他  委細が決まり次第、このページを更新してご案内を掲載します。
 しばらくお待ちください。
主催 奈良県保険医協会

▲このページの先頭に戻る


▲奈良県保険医協会トップに戻る