奈良県保険医協会
お問い合わせ アクセスマップ

奈良県保険医協会
TEL.0742-33-2553
FAX.0742-34-9644
〒630-8013
奈良市三条大路 2-1-10

奈良県保険医協会 > 主張

主張

2021年3月15日(月)

当会に未入会の先生方へ:奈良県保険医協会にぜひご入会ください――ともに活動し、明るい未来を切り開きましょう

 奈良県保険医協会はおもに県下の保険医(医師・歯科医師)による団体で、現在会員は1070名あまり、医科歯科一体の組織として、保険医の生活と権利を守ること、国民医療の改善を柱にして様々な活動を展開しています。昨年から新型コロナウイルスが猛威をふるい活動の中止・縮小を余儀なくされましたが、インターネットの活用などコロナ禍でもできる活動を模索しているところです。

 地域包括ケアの流れの中、病床機能を再編し在宅への流れを促進して病床数を減らす、高齢者の医療費自己負担引き上げなど社会保障後退の政策がどんどんすすめられようとしています。当会では患者負担増を食い止めるための署名活動、国会議員への要請や中央集会などを通じ、医療者の声を国や県に届ける活動を行っています。

 先生方の診療や医院経営のサポートとしてレセプト請求に関する相談、個別指導時の弁護士帯同、各種研究会やセミナーなども行っています。診療報酬改定毎に発行するオリジナルの冊子はわかりやすいと大変好評です。

 医科では日常診療懇話会、歯科では社保研究会を定期的に開催し、保険点数のことだけに限らず様々な疑問にも答えています。個別指導時の弁護士帯同を実際に利用された会員からは「弁護士帯同は公正な指導環境を作るために大変有効であると感じた」など好評です。また、医院経営やそれらに付随して起こるトラブルを提携弁護士に無料で相談できる制度もあります。

 命と健康を守る医師・歯科医師の立場から環境・平和に関連したフィールドワーク、県内の小中学校への「はだしのゲン」寄贈活動なども行っています。

 頼りになる共済制度は、保険医年金、休業保障、グループ保険などがありそれぞれスケールメリットを活かして会員の皆さんに役立てていただいています。

 困難な時代ではありますが、今年も先生方と手を携えて前進していきたいと考えております。ぜひ入会をご検討ください。

(理事長・青山哲也)

【奈良保険医新聞第462号(2021年3月15日発行)より】



2021年3月の主張をすべて読む
記事目次 

▲このページの先頭に戻る

▲奈良県保険医協会トップに戻る